target="_blank">side=2の感想</A>

2006年06月06日

萌えと演劇の融合は成功したのか?

M.O.E.PROJECT

 劇団『M.O.E.PROJECT』の立ち上げ公演『萌え萌えカフェを作ろう』。

M.O.E.PROJECTの萌え萌えカフェを作ろう紹介?

 演劇で萌えを表現するもの。
 公式サイトの方で「萌えブームに便乗するわけでもなく」、「こんな風に萌えを使った」とかそういうことではないらしい。

 この劇団名のモエプロってのもなんかこう……Jからはじまる某音楽集団や、Aからはじまるバンドっぽいのはたぶん偶然の一致。

 劇団の代表である佐古田さんは以前こちらに所属していたらしい

 そこの紹介文の引用
 
 旗揚げ前公演で演出、旗揚げ公演で役者をしてくれました。チキン、ロリコン、変態さん。本人は否定するが、そこは隠し切れない隠し味。これからどんな戯曲を書いてくれるか期待大。

 これからこんな戯曲を作ってしまいましたー!!

side=2カーリアさん感想

 まぁ、感想を読んだ限りかなり本物っぽい臭いがします。
 ぶっちゃけなにもわかってない人間が「なんか萌えってブームだから演劇にもとりいれようぜー」とかいうしょっぱいものではなく、「明らかにこっちサイド(=オタ)な人が本気でそれ風の演劇を作りましたー!!」というものだったらしい。
 カーリアさんところによれば「次回は「文化祭前夜に巻き起こる多角形の恋愛を描いた学園ラブコメ(仮)」とのこと。
 いやー、なんかもうこの一文読んだだけでもそれっぽいあれでなになゲームを思い出してしまいますよ。
 とりあえずノコギリとあーいきゃーんふらーい!! でぜひ(ぜひじゃねぇ)。

emperorsystem at 01:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)