2015年01月11日

アニメ艦これとシンデレラガールズ

今期アニメで注目されてるであろう艦これとシンデレラガールズ。ブラウザゲームとソーシャルゲーム、キャラクターも多くアニメでどうそのへんを処理するか気になってましたが、艦これはお祭り騒ぎで、シンデレラガールズはかなり絞った1話でした。
どちらもクオリティは十分満足できるし、片や戦闘シーン、片やライブシーンという見せ場を用意して申し分のないものでした。
新米艦娘の吹雪が期待と不安を抱きながら一人前の艦娘をめざし艦これ。アイドルを目指す島村さん、スカウトされアイドルに足をつっこんだしぶりんがアイドルを目指していくシンデレラガールズ。
ストーリーの基本ライン、作品構造もほぼ同じです。
しかし両方見た後の印象、心に残る残らないで言えば確実にシンデレラガールズの方が韻書的でした。
シンデレラガールズがメインのキャラクターを島村さんしぶりんプロデューサーに絞り、キャラクターの細かい心の揺れ動きを表現しきったのが最大の要因なんだと思います。
そういう意味では同じように不安を抱いている吹雪の心理描写、そして最後のおそはくあったてまあろう提督とのやりとりで前向きになつまたあたりをばっさりカットしたことでぼんやりしたなーと思います。言いたいとはわかるし尺のことを考えると仕方ないとは思いますが。
あとは初見さんに対してもシンデレラガールズの方が優しい感じですね。艦これは最初からサービスしすぎたなー、とシンデレラガールズを見た後では思えてしまいます。
最初に述べたようにどちらも文句のない完成度なんですが、より様々な角度からシナリオを練り込めたのはシンデレラガールズだったなーと思った次第。
なんにせよどちらも今後が楽しみです。

emperorsystem at 22:02│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字