2011年12月01日

【iM@S】モバゲーのiM@Sに樋口一枚つっこんでやったぜ

 突如あらわれたモバゲーのアイドルマスターシンデレラストーリーズ。
 モバゲーやGREEには手を出さないようにしていたのに、iM@Sとなったらちょっとはさわっておかないことには……と思いぼちぼちやってます。今のところ樋口一人を消費したぐらいです、ええ、ええ。

■アイドルマスターシンデレラストーリーってどんな作品なん?
 基本的にはカードゲームです。カードゲームといっても遊戯王とかヴァイスシュヴァルツみたいな戦略性とかは基本的にありません。戦闘もオートです。とりあえずレアカード並べてなんぼのセカイであることは言うまでもありません。
 正直他のこの手のをやったことがないので比較対象することはできませんが、聞いた話では「だいたいこんなもん」みたいなテンプレ的なソーシャルカードゲームにiM@Sのアイドルも出ますよ、的な作品です。

■モバゲーとか聞くと課金地獄になりそうで怖いのですが?
 一応課金なしでも遊べることは遊べますが、765プロアイドルをゲットするにはそれなりの覚悟完了が必要ですし、がんがん勝ち進むにはそれなりに投資が必要なのは覚悟完了しないといけないのは間違いないです(と、樋口一人つっこんでだいたい理解しました)。
 課金部分は「カード」と「アイテム」の二つ。
 カード部分(プラチナガチャ)でないとレア以上のカードは出ません=765プロアイドルはゲットできません。最初のチュートリアルと、キャンペーンなどで無料で入手は可能ではありますが、基本的にリアルマネーが必要だとお持ってください。知り合いとトレードでお気に入りのアイドルを無限回収とかは可能ですが。
 レア以上のカードもお仕事(営業)で入手したり、ライブバトル(カードバトル)で入手したりはできますが、765プロとはまったく関係ないアイドルです。それらに思い入れをもてればいいですが、たぶん大半のiM@Sファンが星井のはそこではないと思うので。
 次にアイテムですが、こちらはお仕事やらライブバトルを実行するには行動ポイントが必要で、これらの行動ポイントは時間で回復するのですが、それを完全回復できるアイテムが有料アイテムとなっています(レベルアップしたりで一応無料でも入手可能です)。
 お仕事の行動ポイントを回復するアイテムはプレイヤーのレベル上げを高速で行うための補助アイテムです。のんびり遊ぶ分にはとくに必要ありません……あるいはがんがんレベルあげると765プロアイドルのレアカードが出てくるかもですが今のところ自分のプレイではそこまでいってはいません。
 ライブバトルに必要な行動ポイント回復アイテムは衣装を入手するにはほぼ必須アイテムです。衣装をコンプリートするとレアカードを入手できたりします。こっちもある程度上位にいくと765プロのアイドル出てくるかもですが、こっちも自分では確認できていません。
 仮にこれらの手段で765プロアイドルのレアカードが入手できるなら課金もやむなしの部分もなきにしもあらずですが……さすがにそこまでリアルマニーを突っ込む根性も今のところないのでキニシナイ方向で。

 要はプラチナガチャを調子乗ってやらない限りは課金も必要ないといったら必要ないですが、遊ぶからには765プロアイドルで……とか思うでしょうし、ぶっちゃけそこが罠なのでそのへんをどう考えるかはあなたしだい。

■っていうかおもしろいの、これ?
 価値観は人それぞれなのでなんとも言えませんが、この手の作品は基本的にコミュニケーションツールです。そんなことをファミ通360スタッフがやっているUst番組ミッドナイトライブでソーシャルゲーム制作会社の人も言っていました。ゲームでは無く、サービスであり、ツールだと。
 一人で暇つぶし的に遊ぶとか、知り合いとグループ(プロダクション=事務所)を結成して楽しむ分にはいいと思いますが。いわゆる家庭用ゲームやらと同じベクトルの何かを求めるならそれはお門違いであり、そういうものではないと言っておきます。

■iM@Sとしてはどうなの?
 カードとして765プロアイドルが出てくる以外はとくにこれといって「うーん」というのが実際のところです。
 たとえばカードはアイドルの個性で三つのタイプに分かれているのですが、この分類がなんとも微妙だったり、ゲーム内用語ももう少しiM@Sの基本的な用語にすればいいのに(ex.ライブバトルに勝つとたまに「覚醒する」とか出て一時的に能力値が上昇するので、そこは「ブースト」の方がよくなくね?)とか、プレイヤーのアシスタント的なキャラクターが小鳥さんじゃないとか、最初のチュートリアルで高木社長が出てこないとか、細かいところをあげるときりがないんですが、iM@Sファンの心をくすぐる仕様にもうちょっとすればいいのになー、とか思わなくもないです。それ以外のiM@Sにはとくにこれといって思い入れの内ような層のことも考えてこういう作りにしてるかもですが、仮にもiM@Sというタイトルをつけてる限りはそのへんの「こだわり」を感じない部分はやや残念と言わざるをえません。
 とはいえ765プロのアイドルを強化してリーダーとして活躍させていくなどの遊びもできるので、そのへんを割り切れるかどうかですかねー。

■以下、個人的に思ったこと色々
 有料ガチャを回せばそこそこの確率で765プロアイドルは出てきます。とはいえ通常レアの段階では新の力を発揮するのは厳しいです。
 ここからさらに同名カード……たとえば響を2枚「特訓」という名の悪魔合体で合成してレア度を上げます。そうすると基本能力などが上昇します。
 さらに響を合成していくことでスーパーレアまでもっていけば能力も大幅上昇するので、本気で挑むなら最低でもスーパーレアぐらいまではもっていかないときついんじゃないかなー、どうかなー。ぶっちゃけそこまで根性が続くかどうかは謎。
 時間とガラケーの電池消耗が結構きついです。「暇な時間にやればいい」とはいえ、本気でやろうとすると時間がけっこう奪われるのはこの手のソーシャルゲーの罠なんでしょうね。と、ソーシャルゲーはmixiのサンシャイン牧場を一年ほど遊んだ人間が言ってみる。
 本気で遊ぶにはとにかく時間の拘束がきついんですよね。グループ作って仲間内で遊ぶとなると「協力」部分でさらにきつくなるのは目に見えてます。これはもうソーシャルゲームはそういうものと割り切るしかないんでしょうなぁ。

 あとは「うまいこと課金させるために作ってあるな」と素直に関心しました。ライブバトルに勝利するとたまに覚醒状態で能力値上昇するわけですが、この覚醒状態でライブバトル継続するには行動ポイント回復アイテムが必要なんですよね。無料で入手したもののストックがあるならいいですが、ついついこの状態をキープするために課金してしまいそうになるのが怖いんですよ。もちろんそのためにこういうバランスにしてるんですが。
 そんな感じで随所に課金の罠は待っています。覚悟完了して課金するならいいですが、ついつい課金してしまうようだと完全に罠にはめられてるのでうかつに近づくのは危険だと思います。
 他にも日記書いたりすると伊織様のレアカードがもらえるのですが、こうやってあの手この手で宣伝させたり、公式コミュニティに登録させたり、アプリに知り合いをさそいこむことで春香さんがもらえたり(しかもその春香さんを悪魔合体させることでかなりの能力のカードになるという罠)あらゆる場所で罠がまちうけてるあたりはなんとももはやです。このへんは人間の心理をうまくくすぐるようにうまくできてるんですよね、本当。ある意味関心しますが、ある意味怖いデス。
 そうそう攻略というほどでもないですが、お仕事のライバルバトルで入手する「トレーナー」は「レッスン」で相手(レベルアップ素材)にすると大幅に経験値が入ります。具体的にはLv1が一気にLv8になるぐらい。名前からしてそういう使い方が正しいと思うので強化したいアイドルに使うといいかもです(他に使い道がある可能性がゼロではないのでうかつに使っていいのか悩むところではありますが)。

 この手のソーシャルゲームをやったことがないなら、試しに一度遊んでみるのはいいかもしれません。もっともそれであなたが幸せになるかどうかはあなた次第ですが。
 お布施程度で3000円程度つっこめばそれなりに楽しめるとは思いますが、この手のは底なし沼なのでうかつに近づかないのも一つの手だとは思います。とくにiM@Sに思い入れがあればあるほどいろいろなところに違和感を感じるのは間違いないので。

emperorsystem at 21:55│Comments(0)TrackBack(0)アイドルマスター 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字