2008年09月05日

【360】Xbox360第二のスタートライン

iM@Sのために買ったXbox360。
iM@Sだけ遊べればいいやと買ったXbox360。
二年前名古屋のビックカメラじゃ360コーナーは片隅にひっそりとあるだけで誰も足を止めることがない空間でした。
国内発売から約三年…そんな日陰者のXbox360が今第二のスタートラインに立とうとしています。
すでにテイルズオブヴェスペリアですでに品切れ状態ですが、値下げ発表によりその注目度は今までとは比較にならないものとなったようです。
とあるショップ関係のブログでは「予約しないと入手は困難」と書いてましたが、おそらくその通りになるでしょう。
かつてのDSやWiiとまではいかないにしろ、しばらく入手困難な状態は続きそうです。
噂によれば09/11に出荷されるXbox360本体は9万台。
スタンダードモデルが大半のようで名古屋ビックカメラでもスタンダードモデルの予約だけやってました。
今までのXbox360なら9万台なんて正気の沙汰と思えない台数です、だって今まで累計で70万台弱しか売れてないわけで、週間売上1000台切ったことがあるようなハードなわけで、そんな360が9万台出荷で足りないかもとかにわかに信じられません。

しかし発売済みのヴェスペリアは相変わらず人気が高く、遊びたいけど本体持っていない…という方が多数いるようです。
加えてスクエニ新作RPGインフィニットアンディスカバリー発売。
秋から冬にかけてまだまだ続く新作ラッシュ。
もちろん今までエースコンバット6遊びたい、iM@S遊びたい、デッドライジング遊びたい、Halo3遊びたい、はたまたPS3とマルチで発売されたデビルメイクライ4やソウルキャリバー4などの人気シリーズを遊びたい…という方にはようやく本体購入に踏み切れる価格になってきたのではないかと思います。

Xbox360は基本的にゲームしかできません。
しかし面白いゲームを遊びたいなら今最も充実しているのはXbox360だと断言できます。
もし購入を迷っている方がおられるなら一言「買うんだ!」と言っておきます。
きっと幸せになれますよ!


emperorsystem at 09:17│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字