2008年06月01日

THE IDOLM@STER 3rd ANNIVERSARY ライブチケット一般販売の実情

 以下は某所で行われたアンケートの結果です。

1枚で当選 150x1=150(34%)

2枚で当選123x2=246(28%)

3枚で当選23x3=69(5%)

4枚で当選1x4=4(0%)

1枚で落選20x1=20(4%)

2枚で落選16x2=32(3%)

3枚で落選11x3=33(2%)

4枚で落選88x4=352(20%)

合計432人(905枚分)

当選 150+246+69+4=469
落選 20+32+33+352=436

 当選:落選=469:436=51%:49%

 結果的には二人に一人が当たる計算ですが、ここで注目するのはやはり「4枚の当選率の異常な低さ」と「4枚の落選率の異常な高さ」です。
 簡単に言えば、「4枚で申し込んだ場合ほぼ間違いなく落選している」わけです。
 これがアンケートの回答数が低いなら「たまたまだろう」ということも考えられますが、432人・合計905枚の申し込みの結果でこれということはかなり信頼できるデータのはずです。なのにこれということは4枚で当たるということは奇跡に近いと思います。
 なんでこんな偏ったことになったか考えられることとして、

1.転売対策:複数枚申し込む転売行為を防止するため
2.返金処理の緩和:1枚を4人落とすよりも、4枚を1人落とす方が手続きが楽だから

 いろいろとあるのかもしれませんが、ここまで確率がおかしなことになるとうがった考えしか浮かびません。
 結論としては「4枚で申し込んだ人はご愁傷様でした」としか言いようがありません。
 しかしたとえば1枚の人を4割、2枚の人を3割、3枚の人を2割、4枚の人を1割とかもうちょっと分配率に配慮はないもんなんだろうかこういうのって……。

教訓)
 もし仮に次回のライブ・イベントがある場合、バースデイソングが仕切っているなら2枚以下で申し込め

最終結論)
 AさんとBさんに着弾祭りとか、今回の4枚問答無用落選祭りとかやっぱりバースデイソングの残念さは異常……お願いだからもうちょっとまともなところが仕切って……あと会場広くするとか、複数講演にするとかなんか対策考えて。

 ……ちなみに自分自身は知り合いが2枚(知り合いと自分の分)申し込んで当選したらしいですよ?
 だから今から他の知り合いのためにチケット争奪戦にまわります……なんかもうやる前から絶望的な報告があちこちから届いているわけですが……どうなることやら。

emperorsystem at 09:47│Comments(1)TrackBack(0)アイドルマスター 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by たかはし   2008年06月01日 11:35
チケット1枚あたりの当選結果について、確率を計算すると次のようになります

申し込み枚数 一枚あたりの当選確率(分配率) 
---------------------------------------
1 88%
2 94%
3 88%
4 33%
---------------------------------------

1〜3枚で申請した場合、1枚あたりの当選確率がおよそ9割になっています。分配率をどの枚数でも同一に設定しフェアにしようとしている会社側の配慮が解る数字です。

4枚の数字はおかしい。わざわざ会社が4枚のケースだけ分配率を別に設定するのは人件費の無駄ですから考えにくい。このアンケートのやり方に問題がある可能性があります。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字