2008年01月11日

迷走するPS3〜20G/60Gモデル販売中止へ

20ギガバイト、60ギガバイトモデルのプレイステーション3の国内出荷が完了に
それを受け手ネットで初期モデル高騰

 すでに20G/60Gモデルは在庫分のみで生産はしてないとかいう話で、かつ今後は40Gモデルを軸に販売……つまりPS2互換・SACD再生機能付きのPS3は今後手に入らない可能性もあるとかないとかいうことで初期モデルがのきなみ高騰しています。
 この状況は40Gモデルが発売されたときに十分予想できたので自分はそれを見越して早めにPS3を買いましたが、どうやら自分の判断は間違っていなかったようです。
 たとえPS2機能を削って安くなっていたとしてもそんなものにはなんの魅力も感じないので、ね。

 しかしだからといっていきなりネットで価格が高騰はないな。
 店頭に行けばまだまだ在庫なんていくらでも残っていると思うのですが……まぁ、それすらも早めに確保した方がいいかもしれませんが、現状はともかく今年は龍の如く!やメタルギアソリッド4など期待作も発売が予定されていますしぼちぼち買い時ではあると思いますが。
 しかし40Gモデルはお世辞にも売れているとは言い難く、ソニー側のこの判断は正直どうなんでしょうね。
 決算前に初期モデルを一斉に在庫処分したいとしか思えないのですが……PS3は言うほど売れてないとは思えないのですけどねぇ、問題は本体の普及台数に比べてソフトが売れてないことなんだと思いますが(ブルーレイ再生などゲームを遊ぶ以外の目的で購入している人が多いのも事実でしょうが)。
 PS3はこのままどこへいくんでしょうね……発売して一年でここまで迷走するとはいやはや。

emperorsystem at 07:50│Comments(0)TrackBack(0)駄文 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字