XBLAで18日にボンバーマンLive!とイーアルカンフー(予定)あみまみ★十勝つくち♪て杯ついに開催

2007年07月15日

SCEの すごい 殿様商売〜THE EYE OF JUDGMENT

PS3「THE EYE OF JUDGMENT 機神の叛乱」追加データは有料を予定
 PS3期待のカードゲームEOJの発売日が10/25に決定。
 リアルなカードをカメラで読み取り、ゲーム上でカードバトルを繰り広げるというそれなんて遊●王なゲームです。
 これの料金体系がとにかく素敵です。

・PS3「THE EYE OF JUDGMENT」ソフト
・PLAY STATION Eye
・カメラスタンド
・専用プレイマット
・スターターキット
 (基本セット30枚、ブースター8枚、操作カード4枚)


 これで9980円。
 カメラはかなりいいものらしいのである程度高くなるのは仕方ないでょう。
 これだけで遊べるならまぁ良いんですが、『リアルなカードを使って』遊ぶので強いデッキを作るためには当然ながらリアルカード購入が必要です。

スターターには、今後発売される物も含めて
全てのバージョンにレアカードが1枚ずつ封入される。
価格はスターターが30枚入りで1500円、ブースターが8枚入りで380円。
スターターはともかく、ブースターの8枚380円は
二次元バーコードを埋め込んだ特殊カードであることを
考慮しても割高な印象は拭えない。

 まぁ、リアルなカードゲームなんで当然ですが……つかスターターの値段(30枚、そのうち一枚は必ずレアカード)とブースター8枚の値段の比率がたいしてかわらないというか、レアカード入ってるならスターター買った方がいいんじゃないかとか……うーん。

 まぁ、ここまでならカードゲームを再現するならしゃーないかなー、とも思います。
 実際のカードゲームも金がかなり必要なわけですし。
 しかし一番気になるのは……。

追加データは、各バージョンごとに
約100種類のカードデータが収録され、インストールすることで
ゲーム中に新たなカードが出現する仕組み。
新たなカードを呼び出すには、当然新たなブースターパックを
買い求めなければならず、
追加データも(今のところ)バージョンごとに
約2000円〜3000円を予定しているとのことなので
本作に相当つぎ込む覚悟がなければ
最強のデッキを構築することは難しいかも知れない。

 あくまでも予定で変更される可能性もなきにしもあらずですが、めちゃめちゃ二重取りです……カードで金取って、さらにゲームのデータでもさらに金を取るのか……。
 こんなん強いデッキ作るのにどんだけ金とられるんだ……しかもカードだけじゃなくデータでも金取られるって……よっぽどゲームそのものに魅力があって誰もが夢中になって『金を払ってでも遊びたい』と思えるものならともかく、そうじゃなかったらこれ自爆間違いなしだろ……。
 とりあえずこれを買ってこれからつきあっていこうとしている人たちへこちらの歌をプレゼントします……。

洗脳・搾取・虎之巻【ニコニコ動画】

 はてさてiM@Sみたいに搾取されても幸せな人生を送れる人がどれだけ出ますかね……。

PS3でカードゲームを楽しめる『THE EYE OF JUDGMENT』10月発売

emperorsystem at 17:11│Comments(0)TrackBack(0) ニュース 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
XBLAで18日にボンバーマンLive!とイーアルカンフー(予定)あみまみ★十勝つくち♪て杯ついに開催