XboxLieve!大規模メンテナンス結局アイマスの制服・ブルマってどれぐらい売れてるのよ?

2007年03月28日

MS正式発表〜第二世代Xbox360【エリート】

米Microsoft、HDMI搭載の上位機種「Xbox 360 エリート」を発表
日本国内での発売時期は未定。別売の120GB HDDは発売決定

Xbox 360に新モデル! 黒いボディーが特徴のXbox 360 エリートが発売!
北米で「Xbox 360 エリート」発売決定! 日本では120GB HDDと512MBメモリが発売

 噂は自分が知る限りでも2006年末には第二世代Xbox360コードネーム【ゼファー】がまもなくリリース!? というのをここしばらくずっと聞いてきました。
 おおむねHDMI端子搭載でHDD容量拡大(100G前後)、HD DVD搭載か!? みたいなそんな噂です。
 で、今回正式にMSから発表されました。
 大規模メンテナンス直後、そして大規模アップデート直前というタイミングは必ずしも偶然ではないと思います……今後Xbox360関連の大きな動きは大規模アップデートに前後して行われるのではないでしょうか?(たとえば2006年秋だとHD DVDプレイヤー発売などでそれにあわせてファームアップされているので今回もHDDの大容量に対応させるとかそういうことをやるんじゃないですかね?)。

 で、まぁこのエリートというちょっぴりびみょ〜なネーミングのハイグレード版という位置づけのXbox360。
 HDMI端子搭載、HDD120Gモデルが大きな変更点。さらにDVDドライブの静音化や発熱が低下するであろうと言われていますが、こちらについては正式な発表はとくになし。
 日本では正式に発売時期などはアナウンスされていませんが、完全にスルーされることはない……と信じたい(MS側も発売しないとはまったく言っていませんので)。

 で、これからXbox360を買う人には間違いなくおすすめです。
 故障率の高いことで知られるXbox360なのでエリートはそのへんもだいぶ改善されると予想されますし。
 ただ問題はすでに本体を持っているユーザー。

 HDDに関しては日本でも正式に発売がアナウンスされているので、とりあえずHDD120G(18900円)だけ買えばいいんじゃないか? という考え方がその一。

 今無理して買い換える必要もないし、HDDも別にそんなに使ってないしいらないや……という考え方がその二。

 HDMI端子のテレビ・モニターをもっているのでどうしてもこれを使いたい……!!(とはいえゲーム側などがサポートしていないのでエリート発売前のゲームについては特に意味はないですが)……というのが考え三。

 発売直後に購入してだいぶ遊んでいるけど最近調子悪い……しょっちゅうフリーズする……っていうかDVDのドライブ音うるせぇ!! という今持っている本体が調子悪い人は保証期間すぎて修理出すぐらいなら買い換えた方がましか……というのが考え四。

 なんにしても「買い換える必要あるの?」と聞かれたら「ないよ」というのが個人的な意見。
 ぶっちゃけゲームそのものに影響が出る必要ないので、自分みたいにHDMI端子付きモニターもなければ、本体の調子も悪くない場合は特に気にしなくてもいいかと。

 次に日本での販売価格をちょっと考えてみる。
 北米では$479.99……日本円に換算すれば6万円弱。

 しかしこれは単純にドルを今の為替レートで変換した単純計算。
 実際には現行のXbox360が北米$398とかなのに対して、日本では39800円。
 日本での本体価格はかなりがんばっているのです。
 ついでにHDD120Gも北米S199に対して、日本では18900円とやっぱりおさえられた価格設定となっています。

 この慣例に従えば45000〜48000円前後で発売されると推測されます。
 さらに発売直後の記念パックとしてソフトを一本付属したり、ゴールド会員権○ヶ月分などの+αがついて値段をおさえてくると推測します。
 基本的には「まだ持ってない人向け」だと思うのでもしXbox360を買おうかどうか迷っている人はぜひエリートをさっくり購入してくださいな。

 つか日本でもちゃんと広告展開して販売台数拡大につながるようになればいいけどなぁ……そりゃヒゲ(坂口)も日本のMSは広告展開が下手だってインタビューでこたえたくもなるわ。

 なんにせよ、噂の第二世代がついに出るよ、って話でした。

emperorsystem at 17:23│Comments(0)TrackBack(0) 360 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
XboxLieve!大規模メンテナンス結局アイマスの制服・ブルマってどれぐらい売れてるのよ?