台風来てるけどコミケは大丈夫かしらん?GUNP新刊買ってきた

2006年08月07日

THE IDOL M@STERアニメ化決定

ttp://gareki.ddo.jp/ki/ki/ki_6873.jpg

 ニュータイプで発表されたらしいです。
 とりあえずメインスタッフが紹介されて、設定段階のラフ画が載っているだけですが。
 スタッフ的には舞-HIME-の主力どころではありますが、だからといっていきなりロボットに乗って闘うなんてのはさすがにないかと(というかそれはもうアイマスでもなんでもない)。
 千早の胸がゲームの設定よりも大きめですが……まぁ、これもラフ段階なんで、実際の最終バージョンはちゃんと修正されていると願いたいものです(Xbox360の時も雪歩の身長が10cm高かったとかいうミスもあったし)。
 某あれの恐怖があるせいか、キャスティング変更されるんじゃないかとか、そんな心配をする人もいますが……まぁ、さすがにナムコのスタッフがちゃんと関わっているでしょうからそんなことはないと思いますが。

 なにはともあれ情報の少ない段階でネガティブに考えるのもあれなので、前向きに考えていく方向で。
 基本的には……というか今この段階で発表ということはXbox360の発売と前後してメディアミックスでの相乗効果を狙っていると考えるのが妥当なので、ナムコのスタッフがちゃんとアニメ版もサポート(というかチェック)すると思うので。

■XENOGLOSSIA

 あくまでも『(仮)』ですが、サブタイトルみたいなのでこんなのがついているみたいです。
 Yahoo!の辞書によればこんな感じ
 どうにも宗教色というか、神秘的なというか、オカルト色の強い単語みたいです。
 知らない言葉をしゃべるとか、神懸かり的なとか、トランス状態とか……日本的に解釈するならイタコとかああいう感じなんですかね。
 とはいえもっと別の意味もありますし、都合良く解釈するなら「自分の中に眠っている潜在的な能力を引き出す」みたいな意味合いかもしれませんが。
 とりあえず仮題なんでこれもまた現段階で深く考えないのがいいかもしれず。

 どうしても原作付きのアニメ化となるといやーな思い出しかありませんが、現状でやきもきしても仕方ないのでここは黙って静観の方向で一つ。

■追記

 個人的な意見を言わせてもらうならば、キャスティング変更は絶対にして欲しくないです、そんなことする理由がまったく考えられないので大丈夫だと思いますが、もしそんなことになったら(意味があるかないかはともかくとして)ナムコなりサンライズに抗議のメールでも送るなりしますが。
 サンライズ……それもどうやらメインスタッフが舞-HIME-なのでロボット戦闘アクションアイマスとかおもしろ半分に言われてますが……まぁ、それはそれで面白いなら別に良いです。
 一番堪えられないのはキャスティング変更と、アニメそのもののできがどうしようもなくつまらなくて、アイドルマスターというゲームそのものが低く評価されることです。
 逆に言えばアニメが(どんな形でアレ)面白くて、少しでも原作であるゲーム版に興味をもってもらい、アイマスのプレイヤー人口が増えるのが一番の理想なわけで。

 方向性としてドラマCDみたいな思春期の少女達の揺れ動く勘定を描くまじめなドラマになるか、ドラマCDでもExのメイドカフェ編みたいなパロディ色の強い物になってもそれはそれでありだとは思いますが。
 なんにせよ少しでも面白くてアイマスに興味を持つ人が増えることを願うばかりです。

emperorsystem at 22:24│Comments(0)TrackBack(0) ニュース 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
台風来てるけどコミケは大丈夫かしらん?GUNP新刊買ってきた