アイマスライブ終了《極秘情報つき簡易版》ぐだぐだアイマスライブ旅行記

2006年07月24日

今日ここから始まる伝説〜アイドルマスター一周年ライブ

 ただいま帰宅しました。
 新幹線の中ではライブのことを思い出す余裕もなく爆睡しておりました。
 名古屋駅直前で起きて本当に良かった……。

 まぁ、そんなことより詳細なレポートです。
 記憶が曖昧でよそと食い違っている部分があるかもしれませんが仕様です。
 というかそういう場合はよその情報を信じてください(ぇー)。

 まぁ、グッズ販売とか、入場時のぐだぐだはとりあえず「まぁこんなもんかなー」と思ったり。
 いやもう別にくだぐだな進行はわりと慣れてるので。
 とりあえず列整理用のロープは用意した方がいいぞ?>ライブ関係者諸君

 なにはともあれグッズの中で唯一欲しかった社長Tシャツだけは確保できたので戦闘服よろしく装備して戦場(ライブ)へ。
 ライブ前のぐだぐだでテンション最悪な状態のプロデューサーもライブ前アナウンス(携帯をお切りくださいなどのあれ)でナムコプロの陰のアイドル小鳥さん登場で一気にワクテカ状態でテンション最高に。
 以前のシークレットライブではちゃんと小鳥さんだということを告知せずにアナウンスしていたので「あれ、これ春香かな??」とみんな不思議がったらしいですが、千早バースデー記念CDや、ドラマCDにも登場し、今回はイラストまでちゃんとセンターモニターに映し出されて会場は一気に小鳥コールの嵐!!
 君らアイドルの皆さんより盛り上がってどうしますか!?
 いや、自分も盛り上がった一人ですが。

 その後流れるTHE IDOL M@STERのイントロ!!
 いきなりリミッター解除で歌い終わった後に「ペース配分だいじょうぶ?」と心配されるぐらいのはしゃぎっぷり。
 オールスタンディングで飛ぶスペースがまったくなかったのでさすがに飛べなかったですが、仮に飛べる状態だったらたぶん一曲目で膝がぼろぼろになってたんじゃないかと思います。

 その後は太陽のジェラシー、First Stageと続き、やばかったのがあずささん+真子の9:02pm!!
 これはどこの宝塚ですか? といういかにも狙ったような組み合わせ。
 真のハスキーボイスがこれまたすごい印象的な一曲でした。いや、この組み合わせは本当に良かった。

 その後はドラマパート>歌という流れでおはよう!朝ご飯、Here we go!!、エージェント夜を往くと続きます。
 ここでの主役はドラマの進行役みたいな形になった小鳥さん。
 ただでさえ最近人気上昇気味なのに、これでさらに小鳥さん人気が高まったのは必至です。

 ドラマパートもあちこちにネタがちりばめられていてよかったです。
 やよい・律子のおはよう!朝ご飯はとにかくライブの中でも最高クラスの振り付けの再現度で大盛り上がり。
 うわーすげーあの振り付け本当に再現してるよ!! いったいどんなけ練習したんだこの二人!?

 その後は伊織様・あずささん・春香の『ツンデレラ』。
 しかしここでの主役は会います最強ツンデレキャラ伊織様でも、いじわるあずささんでもなく、『没個性』よばわりされたり、やたら発言が黒かったりした春香でした。
 正直『それ、なんてGUNPの同人誌ネタ?』と思った人も多かったのではないかと。
 ついにオフィシャルで没個性・黒春香が認められたのですから、この勢いでXbox360では黒春香がデフォルトになりプロデューサーと一番最初に対面したときに『豚』とにこやかに言ってくれるに違いません。
 もう没個性とは言わせない!! アイマス最強のブラックキャラとして春香は今日も元気です(というかそもそも中の人が黒すぎるわけですが)。

 エージェント夜を往くは真・亜美真美デュオ。
 なぜ亜美真美が相方に選ばれたかはもうあの会場にいた人なら全員わかっていたはずです。
 さーみなさんごいっしょに〜

 あーなただけがつかえるてーくにっくで とかちちゅくちて♪

 生「とかちちゅくちて」ぶらぼぉぉぉぉぉぉぉ!!
 全員で大合唱した時には「あーみんなわかってんなー」と心から思いました。
 いやあずささん・真の9:02pmといい、真・亜美真美のエージェントといい、本当にスタッフは分かっている。

 その後はアイマスレディオ公開録音に。
 ライブで全員来てるからゲストにわざわざ呼ぶ必要がない……もうこれは公開録音すればいいじゃん!! ということかどうかはともかく公開録音でした。
 ミンゴスチームとチアキングチームに分かれたわけですが、そうなるとどうしても5:4になって一方のチームが一人少なくなってどうするのかと思ったら、亜美と真美で二人ということで亜美真美の中の人が大わらわでした。
 ミンゴスチームが千早・春香・雪歩・伊織様・律子、チアキングチームがあずささん・真・やよい・亜美・真美という組み合わせ。
 ゲームの能力的には最強艦隊そろい踏みのミンゴスチーム有利か!? と思われましたが、どうやらVer1.30仕様だったらしく(?)最強艦隊擁するミンゴスチームはあえなく沈没しました。
 千早同様ミンゴスにギャグのセンスを求めるのはやはりつらいのかもしれません。

 そしてこの後はこのライブの真の主役『高木社長』登場!!
 場内からわきあがる社長コール!!
 センターモニターに現れるあのシルエット!!
 しかも録音ではなくちゃんと会場に来てしゃべってくれてますよ社長が!!
 小鳥さん・社長・アイドル9人と、まさに765プロ全員集結!!
 そして「みんなご存じのXbox360の動画初披露」となりました。
 いやー、やばいXbox360版アイマス死ぬほどやばい。
 雑誌やネットのスクリーンショットでは正直「これはちょっどうなんだろう……」と思わなくもないですが、その不安は完全に払拭されました。
 動画でみるXbox360版のアイドルの動きのなめらかなことったら!!
 あー、これがやりたくてXbox360にしたんだな……と思わずにはいられません。
 実際にアイドルが存在してるかのような圧倒的臨場感に会場からどよめきがおこりましたよ!!

 その後これまた初披露のGO MY WAY!!
 春香が唄っていましたが春香の持ち歌ということなのか、THE IDOL M@STERみたいな位置づけなのかちょっとわかりませんが、曲付きで歌うのを聴いてXbox360移植への期待はますます高まるばかり。
 いや勢いだけで本体買ってしまったけど、正直ソフトが発売されるのが待ちきれません。

 その後は再びライブコーナーへ。
 ポジティブ!!・蒼い鳥・魔法をかけて!と続きます。

 この中で最高に……というかこのライブで一番心に残ったのがなんといっても千早独唱の蒼い鳥MP Ver.です。
 MP05収録の蒼い鳥MP Ver.はアレンジのせいかどうにも好きになれなかったのですが、今回のライブで「やっぱ蒼い鳥はすげー」と思いました。
 そして同時に「やっぱり蒼い鳥は千早が歌ってこその蒼い鳥だな……」と心から痛感しました。
 他のアイドルの曲もやはりそれぞれ持ち歌であるアイドルが歌ってこそなわけですが、蒼い鳥の場合他のアイドルと組み合わせるよりも千早が一人で歌ったときその魅力が最大限に解放される……と思いました。
 いや、もう正直ふるえました。
 涙出そうになりました。
 この蒼い鳥千早独唱を生で聴けただけでもライブに行って良かったと思います。

 最後にアンコールで再びTHE IDOL M@STERで〆。
 終わった後に自然とわきおこる『アイマスさいこー!!』コール。
 心の底からみんな絶叫です。
 自分もライブにそれほど参加してるわけではないですが、こんなコールがわきあがったのは初めてです。
 しかしそれはあの場にいた人間すべての想いを凝縮した一言だと思います。
 そう、アイマスはサイコーだ!!

 ライブ終盤でアイドルからプロデューサーへのコメントがありましたが、その中で亜美真美が

「だって、面白い方が絶対楽しいじゃん!!」みたいなことを言ってましたが本当にその通りだと思います。
 つまらないことでぐだぐだ悩んだり、くだらないことで目くじら立てたりしても何も楽しくなんかありません。
 毎日を面白く・楽しくすごす……ポジティブな気持ちこそが一番なのです。
 ここしばらくアイドルマスターに対してもやもやした気持ちがずっと続いていました。
 もうこのまま自分の中でアイマスが終わってしまうのではないかと、ずっと悩み続けていましたが、Xbox360移植、そして今回のライブと続きもやもやした気持ちは完全に払拭されました。
 まだまだついていきますよ、これからもずっとずっと全力でおいかけていきますよ!!

 今日、ここから新しくアイドルマスターの伝説がはじまったのですよ!!

 最後に、関係者の皆様楽しいライブをありがとうございました。
 参加されたプロデューサーの皆さん、あの場にいれた幸せをかみしめてこれからもプロデューサーとしてがんばりましょう。
 残念ながら参加できなかったプロデューサーの皆さん、どうやら9月にライブDVD([Amazon]THE IDOLM@STER MOVIE(仮)
)が発売されるらしいのでそちらで今回の盛り上がりぶりを少しでも感じてください。
 そしてまだアイドルマスターの魅力を知らない方々へ、この素晴らしいゲームのことは実際に遊ばないとたぶん理解できないと思います。
 ぜひゲームセンターへ赴き、一度その面白さを体験してみてください。

 では当日お会いした皆さんいろいろとありがとうございました。

 プロデューサーんさん、今度はドームですよ、ど・お・む!!

 この言葉が実現できるようアイドルマスターのますますの発展を祈りつつ、今回はこのへんで。

emperorsystem at 02:11│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
アイマスライブ終了《極秘情報つき簡易版》ぐだぐだアイマスライブ旅行記