2010年11月

2010年11月28日

【360】Kinect日本での滑り出しはそれなりに上々

今週のランキング | メディアクリエイト
Xbox360関連では、Kinectが2.6万台(本体同梱版含む)を販売し、初動は先月発売された「PlayStation Move」(モーションコントローラ単品や他のソフト同梱版含む)の約半分程度となっている。専用ソフトは『DanceEvolution』(0.6万本)が最も販売数が多く、全体的に静かなスタートとなっている。今後、身体を使った直感的なプレイスタイルがXbox360ユーザーの裾野を広げる要素となるのか注目される。

 メディアクリエイト調べによればKinectの国内初週売り上げは26000台。
 とはいえこれはあくまで発売二日間での話であり、いつものようにAmazonなどネット通販などは含まれてないので必ずしも正確ではない。
 とはいえ国内での普及台数・知名度・Kinectセンサーの値段の高さ・プレイ環境を整える難しさ……など、普及に対して敷居の高さから考えればまずは上々の滑り出しと言えるかと。正直一万台行かないと思っていたので。

 プレイした人の評判はすごぶる高く、口コミでじわじわと売れているようで、ショップやネット通販でも全体的に品不足気味ということでMSKK(マイクロソフト日本法人)の予想よりは売れているのではないかと。

 ソフトで言えばダンスエボリューションが6000本ということになってますが、これもコナミスタイルなどのデータが入っておらず、金曜日に放送されたML360Ust(ファミ通Xboxのユーストリーム番組)ではダンエボのKinect装着率4割(本体に対しての売り上げの割合が4割……一万台売れたなら4000本とかそんな感じ)というデータもあるので最低でも一万本は売れているようです。
 ML360Ust放送中にダンエボ制作者のNAOKIさんがいろいろと制作裏話をしていましたが相当苦労したようです(ゲーム制作でく苦労しないなんてことはないでしょうが)。日本では死にハードの360、かつ売れるかどうかもわからない新しいデバイスに心中覚悟で新しいタイトルを発売、ローンチ(本体発売日)に発売させるために時間との戦い、当初アメリカのビッグビッグビックアーティストとの企画だったものがぽしゃったり、海外の他社のダンスゲーム(Dance Central)のできを目の当たりにしたり……本当に大変だったようですが、メイドインジャパンのゲームとして楽しいものをという精神でなんとか乗り切ってローンチに間に合わせたそうです。
 仮にダンエボがローンチに間に合っていなかった・発売そのものがなかったとしたら日本でここまでKinectが出足好調とはならなかったでしょう。
 今後の問題としては少しでも普及して、新しいKinectタイトルを出しやすくする環境を整えることですかね。NAOKIさんも続編を作る気は満々のようですが、実際問題採算がとれないことにはどうにもならないですから。
 自分も遊んでみてKinectは本当によくできたデバイスだと思うのでいろんな人に楽しんでもらいたいと思います。いや、本当に楽しいのでぜひに。

emperorsystem at 08:30|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2010年11月22日

【360】Kinectあれこれ

 国内でもついに発売されたXbox360のモーションコントローラーKinect(きねくと)。コントローラーを使わずに体でゲームを遊ぶという今までにない革新的なデバイスです。E3 2009で発表されてからいろいろな意味で注目されてきましたデバイスですが、実際にさわってみたらどうなの? って話。

 Wiiリモコンもそうなんですが、きちんとしたスペースが必要なのは確かです。幸い自分は引っ越したばかりで比較的部屋のスペースにゆとりがあるのでまだ遊べますが、以前のちらかった部屋ではとてもじゃないですが無理だったでしょうねー。
 役2m離れて、なおかつ前後左右にある程度動けるスペースも必要ですからこれだけで腰が引ける人も多いでしょうねー。
 あとは値段ですね。KinectアドベンチャーがついてくるとはいえAmazonでも12000円ほどするので決して安い戸はいいがたい買い物です。
 とはいえKinectがあればボイスチャットとしても使えますし、カメラとしても使えるわけですからそういう意味ではそれほど高くはないんですが……もうちょっとぐらい安くならなかったのかなー、というのが本音ですね。

 そんなハードルが決して低くないデバイスですが、それらを乗り越えて実際にふれたなら想像の遙か上をいくものだと感じられるはずです。
 想像よりもカメラの認識力は早いし、ゲームを遊んだ限りにおいて認識の遅延はほとんど感じません。
 マイクの感度も高く、かなり高性能なのは間違いありません。逆に高性能だからこそこの値段にならざるをえなかったんでしょうなぁ。

■ダンスエボリューション
 とりあえず最初に買ったのはコレ。ダンスダンスレボリューションの制作者が作ったダンスゲーム。楽曲はDDRからのオリジナル曲ばかりで、海外のみで発売されているダンスセントラルのようにアーティスト曲は収録されてません。
 とはいえのりのいい楽曲が豊富にそろっているのでその点はとくに問題にはならないと思います。「これでアイマスの曲とか踊れたらなー」とかちょっと思ったりしますが、そもそも他社製品だから無理だよなー、そっちはバンナムにハッピーダンスコレクションのKinect版発売に期待。
 基本的な遊び方は中央のお手本通りに踊ることですが、随所に出てくる人のシルエット通りにポーズをとったり、画面に出てくる白いリングに手をあわせたり、赤い矢印通りに手を動かしていけばオッケーです。途中のふりつけはむちゃくちゃでもある程度なんとかなる部分があるあたりかなりゲーム的だといえます。前述のダンスセントラルはかなりストイックなダンスを楽しむ作品らしくて「ゲーム性は薄い」というのがプレイした人の感想なので(ちなみにダンセンはプレイアジアで注文したのでそのうち届くと思いますので機会があったらそっちの感想も書いてみます)。
 普段ダンスなんかほとんど興味もなく、ダンスのイロハも知らない自分ですがそれでもすごく楽しめています。なんかわけわからないですけど楽しいです。気がついたら両腕が破壊されかけていました。今は比較的簡単なパラパラを中心に踊ってますが、がんばっていろいろ踊れるようになりたいですなー。
 かなり大満足なソフトではありますが、良くできてるからこそ不満な点もちらほらと。
 とにかく初心者への配慮がいまいちたりない部分が気になりましたね。お手本をじっくりと鑑賞できたり、もっと言えば振り付けを手ほどきしてくれるようなモードがないと「このお手本どういう動きをしてるの……?」とさっぱりわからないんですよね。繰り返しやってるうちになんとなく覚えられるのはたしかなんですが、もうちょっとそのへん工夫が欲しかったですかねー。
 あと、自分が踊るとゴーストになって後ろでバックダンサーとして踊らせることができるんですが、これ他の人のデータを使ったりできるといいですねー。ランク上位の人とか、あるいはコスプレして踊ってる人とか、そういうデータをシェアできるとなおよかったかなー。というかこの「自分の姿をカメラがサーチして画面に表示する」というのがなにげに技術力が高いんですよね。服装とかしっかりトレースするので全裸で踊ると画面でも全裸です。なのである程度ちゃんとした格好で踊りましょう。一応オプションで自分を映さないように設定できるのでご安心ください。
 このへんはKinectローンチタイトルということでまだまだ練り込みが足りないかな? とは思いましたが、そういう部分をのぞいてもよくできたダンスゲームなのは間違いないです。Kinect購入したらぜひ購入すべき一本なのは間違いないかと。とにかく踊ることが楽しい、ダンスゲームとして一番単純で一番重要なその部分は十二分にひきだせているかと。

 Kinectについてはまだ半信半疑な方もいると思いますが、とにかくこれは実際にさわってみないことにはすごさがわからないと思います。なんらかのかたちでぜひ一度さわってみてください。きっとすごさがわかると思います。

emperorsystem at 21:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)360 

2010年11月19日

【アイマス】アイドルマスター2発売日&予約特典

アイドルマスター2(初回生産限定:「特典封入きらきらパッケージ」) 特典 「新曲『Little Match Girl』限定ダウンロードカード」&ヴァイスシュヴァルツ「アイドルマスター2 PRカードX2種」付きアイドルマスター2(初回生産限定:「特典封入きらきらパッケージ」) 特典 「新曲『Little Match Girl』限定ダウンロードカード」&ヴァイスシュヴァルツ「アイドルマスター2 PRカードX2種」付き
バンダイナムコゲームス(2011-02-24)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


 はい、というわけで正式に発売日が2011/02/24と八票されました、アイドルマスター2。
 あわせて予約特典で新曲DLCコード・ヴァイスシュヴァルツPRカードがもらえるとのこと。
 とはいえ初代の二万円のやつとか、L4U!のアニメDVDみたいな派手な限定版はないみたいなので無駄に争奪戦を繰り広げなくてよさそうでなによりです。いやー、初代の限定版端本等に確保するのきつかったからなぁ。
 なんにせよいよいよ発売も迫ってきました。なんだかんだでやはりナンバリングタイトルの正式続編として楽しみです!!

emperorsystem at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)アイドルマスター 

2010年11月17日

【iM@S】アイドルマスター2発売日決定?〜2011/02/24

 雑誌フラゲ情報によるとアイドルマスター2が2011/02/24に発売日決定したようです。
 2011年春ということなので4月〜5月ぐらいかと思いましたが、案外と早かったですね。
 いろいろとごたごたしましたが、ゲームは遊んでなんぼなので、買うにしろ買わないにしろ、遊んでから評価して、評価を聞いてから買うかどうか判断すればいいんじゃないですかね。発売前の情報で不安があるなら様子を見ればいいだけですから。
 とりあえず発売日が決定した(らしい)ってことで。

emperorsystem at 11:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年11月04日

【日記】XBLA遊戯王遊んでみた

 昨日無事にXBLA遊戯王5D's配信されました(KOF 2002もね)。日本語ローカライズもちゃんとされてました、デッキも構築できるようです。カードはシングルでCPU相手と戦えばもらえるようです(オンライン対戦ではもらえないらしい)。
 ルールも一回勝負、三回勝負、タッグパドルなどわりとそろってます。
 チュートリアルもしっかりあるので自分みたいな初心者でも大丈夫だと思いますが、デッキ構築の定石みたいなものがまったくわからないのでデッキをいじれない状態です……下手にいじってバランス悪くすると最悪なことになるからなぁ……とはいえ基本的にはカードゲームなんでおおざっぱな感じはだいたいわかるにはわかるんですけどね……しばらくは手探りな感じになりそう。
 というかまだはじめたばっかりでカード集まってないから明確なコンセプトをもってデッキ組めるほどでもないんですけどね……やっぱりカードゲームはある程度カード集めてデッキ組めるようになってこそなんでこつこつカード厚めながらなれていきますか……。

 そんなわけで800ゲイツでオンライン対戦もできますので箱○もってる人は是非。
 システム周りもそれなりによくできてはいるんですが、800ゲイツだからかグラフィックや演出はかなり残念な感じになってます。逆にそこにさえ目をつぶれば満足のできる完成度なんじゃないかと。

 それにしても山本昌は日本シリーズ本当に勝てないな……そろそろ勝たせてやろうぜ……中日は勝ったのでコレで最悪でもナゴヤドームには戻れるのが確定したのでよかったはよかったんですけどね。ここまできたら日本一になってほしいにゃー。

emperorsystem at 11:28|PermalinkComments(1)TrackBack(0)日記 

2010年11月02日

【XBLA】今月のラインナップ〜遊戯王・ぐわんげなど注目策目白押し

 さて、先月も結構なラインナップだったXboxLiveアーケードですが、11月のラインナップは日本人もおなじみのタイトルが目白押しでかなりゲイツが\ヤバイ!/ことになりそうです。
 なお、イカのタイトルは日本国内で配信するかは確定はしていません。また、配信日が突然変更されることもあるのでそのつもりで。


11/3 THE KING OF FIGHTERS 2002 UNLIMITED MATCH
11/3 遊戯王 5D’s ディケイド デュエルズ

11/10 ぐわんげ

11/24 Crazy Taxi

11月予定PAC-MAN Championship Edition DX

 一番の注目はやはり遊戯王ですかね。どういうシステムになっているのか、どれぐらい遊べるのか、そもそも日本で配信されるかも現時点ではよくわかっていません。ついでに言うと配信されても日本語ローカライズされてるかも不明です。……なんかこれ米国コナミ手動で作ってるっぽいのでぶっちゃヶよくわからないんですよねー。
 マジック座ギャザリングみたいにデッキがいじれないとかじゃなければいいんですけどねー。カードパックをゲイツで購入とかでも個人的にはかまわないんで。
 あとはケイブのシューティングぐわんげ、そして根強い人気のクレイジータクシー。
 もちろんこれは全部ではなくてまだ他にも配信されると思いますが、今月はゲイツチャージしていつでもアンロックできるようにそなえておきましょう。

emperorsystem at 18:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)XBLA